スピーチ・プレゼンテーションコンテスト2018

11月4日(日)学生たちによるスピーチ・プレゼンテーションコンテストを開催しました。 UCSでは、今年から学生クラスでプレゼンテーション能力アップレッスンを導入しましたが、今回はその成果を見る良い機会となりました。部活動や塾でのテストなどで参加できなかった生徒もいましたが、中学2年生から高校3年生まで21人もの学生がこのコンテストに臨みました。 準備を始めたのは夏。週に一回の会話レッスンですので十分な時間があったとは言えません。体育祭の練習やら中間試験やら、数々の試練(?)にも負けず頑張りました。最初は正直みんな「面倒くさいなあ・・・。」と内心思っていた様子でしたが、まずは自分の原稿を作り、パワーポイントを使ってプロップを作り、練習をしていくうちに、彼らの様子が次第に変わってきました。いつものテキストを使ったレッスンとは違い、自分の言いたいことを自分で考えて資料を作り、どうすれば人に聞いてもらえるスピーチになるか試行錯誤することは楽しいと感じたようでした。中にはレッスンが終わっても残って資料作りしたり練習したりする生徒もいました。やっぱり何事もワクワクすることが次のステップへと繋がっていきますね。 さて当日は、保護者の方々を含む大人たちがギャラリー兼審査員となって参加してくださいました。途中プロジェクターの不具合というハプニングもありご迷惑をおかけしましたが、2時間以上に及ぶコンテストを真剣にご清聴いただきました。ありがとうございました。 結果、UCS大賞は「The good point of singing songs」というタイトルで歌う喜びを実際に歌ったり踊ったりしながらプレゼンした高校1年生に決まりました。素晴らしいパフォーマンスだったと思います。そして他の生徒たちにはスポンサーとして協賛いただきました企業、個人の方々からの賞が全員に授与されコンテストは終了しました。 やはり人は話すことが大好きです。しかも自分のスピーチを真剣に聞いてくれる人たちがいる。その喜びを学生たちは感じてくれたと信じています。 このイベントを企画したときに、学生たちと大人たちが一緒になるイベントが出来ないかと考えました。今まではどうしても大人は大人だけの、学生は学生だけのイベントがほとんどだったのですが、親子や知り合いだけではない異世代交流も楽しいだろうと思いこんな企画になりました。大人たちからは結構評判もよく、「若者からパワーをもらった。」というフィードバックを多くいただいております。ただ、コンテストだけで2時間以上かかってしまったので交流の時間を削らざるを得なかったのが残念です。次回の反省点です。 今後ますます必要となるコミュニケーション能力。自分の意見を堂々と述べることができる能力。人を納得させることができる能力。若者たちに求められるものはたくさんあり、大きく変化していく時代の中でたくましく生きていくためには様々なスキルが必要となります。UCSはそんな彼らをこれからも全力で応援していきたいと思っています。

ジョブチャレンジU-15 2018 総括

Job Challenge U-15を振り返って 10月15日から19日までの5日間、UCSに4人のインターンがやってきました。 昨年に続き2度目のジョブチャレンジです。今年も有意義な一週間を過ごすことができました。 今年のジョブチャレンジで目指したのは以下の3点です。 1.協力して仕事をすることの大切さを学んでもらう。 2.地域への貢献の喜びを感じてもらう。 3.世界は広いということと、グローバル社会化を実感してもらう。 それぞれの点を振り返ってみたいと思います。 1.協力して仕事をする大切さを学んでもらう。 昨年のジョブチャレンジでは、飲食店のメニューを英訳することをメインの仕事にしましたが、今年はクリニックでの受付業務に必要な英語対応マニュアルを作ってもらいました。中学2年生にとっては少しハードルが高いものだったと思いますが、最終的には良いものが出来上がったと思います。 昨年の反省を踏まえて、今回は最初から仕事の手順と注意点を伝えました。まずはみんなでよく話し合い、完成形を思い描いてから仕事を振り分けて、できるだけ時間と費用をかけずに完成を目指すこと。 メインのマニュアルと並行して、レッスンで使うプロップや教室のデコレーション用のポスターなど、それぞれの得意分野を活かして分担、協力しながら仕事をこなしていました。毎日つけてもらった業務日誌や、後日頂いたお礼の手紙にも、「協力する大事さを学んだ」「一人で仕事はできないこと、地域貢献の喜びを学びました。」とあるのでこの点は合格かな。(^^) 2.地域への貢献の喜びを感じてもらう。 これは英語対応マニュアルをクリニックの方へお渡ししたときに、彼ら自身強く感じたと思います。フェイスブックにも書きましたが、出来上がったマニュアルを持ってセールスから帰ってきたときの彼らの顔は生き生きとしていました。「ありがとう」と言ってくださった皆さまに感謝申し上げます。 3.世界は広いということと、グローバル社会化を実感してもらう。 昨年はインターンたちとじっくり話をする時間が持てなかったので、今年は是非一度そんな時間を作りたいと思っていました。 キミー先生からは彼女自身のインターンの経験や、海外で働くことの楽しさと苦労などの話をしました。写真などを見せながらのミニプレゼンテーションでしたので、みんな興味深そうに聞き入っていました。 私からは少しこのテーマとは違いますが、仕事をすることの意義や、自分のやりたいことを見つけるために今やるべきこと、Only oneになろう!、等々話しました。どれだけ彼らの心に染み入ったかは測りかねますが、少しでも何かを感じてくれていたらいいなと思っています。 ちなみに業務日誌の最後には「広い世界を見たいと思うようになった。」「教えることだけでなく、何のために働くのかを学べた。」「英語への興味・関心が広がって、自分の世界を広げたいと思った。」などとありました。ちょっと嬉しい。(^^) 最後に 手探り状態でトライした昨年と違い、今年は6月に教育委員会によるスタートセッションがあり、実際体験する生徒たちはもちろんのこと、私自身もこの事業のねらいをはっきりと自覚することができました。とても大事なセッションだったと思います。これまで漠然とやってきた(ように思われる)職場体験の意義を生徒と受け入れ側の両方が共有することで、その意味合いは深まり価値のある5日間になったのではないでしょうか。おそらく他の事業者の方も同じ思いであると察します。 座学では学べないことがたくさんあります。言葉で教えることは難しいけれど大人たちが本気を出している姿を見せることで、子供たちはきっと何かを感じ取るでしょう。その反対もしかりだと思います。「ぼ~っと生きてんじゃないよ~!」と若者たちからお叱りを受けないように毎日本気で生きていこうと思わせてくれたジョブチャレンジでした。 来年がまた楽しみです。 https://www.facebook.com/unitedcultureschool/posts/2202345926688002 https://www.facebook.com/unitedcultureschool/posts/2202847629971165 https://www.facebook.com/unitedcultureschool/posts/2203379413251320 https://www.facebook.com/unitedcultureschool/posts/2203886973200564…

ようこそ先輩 第五弾

今年も8月11日(土)に「ようこそ先輩」が開催されました。 今年はサプライズ参加の二人を含む9人の先輩たちが参加。帰省の時期がなかなか合わず、その代わりにメッセージを送ってくれた先輩たちもいました。 詳しい様子や、いくつかのスピーチ動画はFacebookをチェックしていただければと思います。 毎年こうやって卒業した大学生や社会人の彼らに会うたびに、その成長に目を見張ります。一人一人のスピーチにも個性が溢れ、高校生の時には知らなかった面も垣間見え、私たちにとってはノスタルジックかつ刺激的なイベントであります。 現役学生の忙しいスケジュールと先輩たちの帰省時期の兼ね合いや、語り合うトピック、会の進め方など、もっと改善すべきところはたくさんありますが、学生たちに「繋がり」というものを感じてほしいと思ってこのイベントを続けています。直接は知らない同士ですが、宇和島・UCSというキーワードで繋がっている。先輩たちには、帰ってくる場所があると感じてほしい。後輩たちには、先輩たちの話から自分で考えるきっかけを掴んでほしい。そんな思いです。 今後UCSがいつまで生き残れるかわかりませんが、「人と人との繋がり」を自然と学べるような、そんな学校にしたいと思っています。 https://www.facebook.com/unitedcultureschool/posts/2162682817320980 https://www.facebook.com/unitedcultureschool/posts/2171071736482088 https://www.facebook.com/unitedcultureschool/videos/216488685885997/ https://www.facebook.com/unitedcultureschool/videos/457203154758141/

UCS Towel 2018

出来上がりました!UCS Towel 2018 デザインコンテストで優勝した高校一年生の作品です。(本人の了承を得て色とデザインは少々変えています) さすがJK、ポップな感じがいいですね! これで宇和島の暑い夏を、お祭りを、体育祭を乗り切ろう! Facebookには、「UCS Towelの10通りの楽しみ方」をご案内していますのでこちらも是非チェックしてくださいね。」 UCS Towel - Further your...Posted by United Culture School - ユナイテッドカルチャースクール on Thursday, June 28, 2018 Continue reading "UCS Towel 2018"

スピーチ・プレゼン強化週間始まりました!

考える力、伝える力を身につけよう!をモットーに、先週からスピーチ・プレゼン強化週間を始めました。キミー先生指導のもと、2週間を一コマと考えてスピーチの考案、制作、発表までを行います。最初は戸惑いがちな生徒もいますが、失敗、振り返り、修正を繰り返しながら、上達を目指していきます。初回のテーマは自己紹介。簡単なテーマだからこそクリエイティブでウィットに富んだスピーチが出来たら楽しいですよね。さあ、頑張ろう! いずれは大人クラスでもスピーチ・プレゼン強化レッスンも取り入れたいと思っています。 Last week, we started our “Public Speaking Classes”! We decided to begin offering these classes this year because we knew that it was going to be more and…

新しい取り組み – もっとアクティブラーニング

これからの社会には、これまで以上に思考力、発信力、説得力が必要となるのはよく言われていることです。受け止めきれないほどの情報量をどのように選別し編集して自分の思考に組み入れていくのか、そしてそれに自分の意見を織り交ぜながらまとめ上げ、人を説得すべくうまく発信していく・・・。 こういうふうに書くと、とても難しいことのように思えますが、ほんの些細なことから始めると楽しいものになります。例えば大好きなスイーツ。それがどんなに素晴らしい栄養素があるのか、どこで手に入るのか、どうして好きなのか、どんなに癒してくれるのか、等々。 UCSでは従来のレッスンに加えてプレゼンテーション、ディスカッション、ディベートの時間を定期的に設けることにしました。中学2年生以上の会話クラスで4月から始めます。2か月に一度の割合でプレゼン週間を設け、一つのトピックに関してリサーチ、作文、プレゼン、ディスカッションと繋げていく予定です。おそらく最初は試行錯誤になると思われますが、その過程も含めて楽しみながら実りあるレッスンにしていきたいと思っています。

Congratulations on your graduation!

今日は先日高校を卒業した生徒の皆さんと卒業ランチ! 皆さん、ご卒業おめでとうございます。長い間、UCSに通ってくれてありがとう。いろいろ厳しい言葉で叱ったこともあったかと思いますが・・・、ノーサイドでお許しを。^^; 今年の卒業生も、なかなかユニークな生徒が多く楽しい学年でした。みんなそれぞれに個性があって将来がとても楽しみな皆さんと時間を共有できたのは本当に幸せでした。 これから宇和島を出て、一人暮らしが始まります。楽しいこともいっぱいありますが、しんどいことも寂しいこともあります。でもそれらすべての経験が人生の糧となり、きっとその先に見えてくるものがあるはずです。時間はかかるかもしれませんが自分がやりたいこと、やるべきだと思うことを見つけてください。 そしてまた宇和島に戻ってきてそんな経験を私たちと、後輩たちとシェアしてほしいな。 待ってますよ!ありがとう、みんな。  

もっとアクティブラーニング!

もっとアクティブラーニング! UCSではプレゼンテーション、ディスカッションなどを積極的に取り入れます! もともと究極のアクティブラーニングである会話クラスをさらにステップアップするために新しい取り組みを始めるのですが、今日はそのモデルレッスンに卒業を目前にした高校3年生の有志たちが集まってくれました。 先ずはキミー先生からプレゼンの方法、お題などの説明があり、その後ペアに分かれてそれぞれの原稿作り。パソコンを使って情報を取り入れながら短時間で仕上げていくのは結構大変でしたが、最後には約40分で作り上げた原稿を一組ずつプレゼンしました。 今回はUCSの新しい取り組みのために若い彼らのご協力をいただいたわけですが、レッスン後のフィードバックでは、とても建設的な意見が出て大変参考になりました。ずいぶんと長い付き合いになった彼らですが、最後にこういう形で協力してくれたことに心から感謝しています。みんなありがとう!これからもいつでも皆さんのご意見をお待ちしております。 最後はお礼のケーキを頬張りながら、Say Cheese! Thank you, guys! You are all awesome!    

Thank you, everyone!

今年も残すところわずかになりました。 2017年も英語の勉強を通して生徒の皆さまと、たくさんの話題と笑いと楽しい時間を共有できたことを嬉しく思います。また、生徒ではないけれどいつもUCSを盛り上げてくださっている方々に心から感謝申し上げます。 今年は6年間UCSで教鞭をとってくれたアリン先生が退職。本当に素晴らしい先生でしたので非常に残念ではありましたが、彼女が自分の夢のために踏み出した一歩を応援したいと思います。そして3月にはキミ―先生が新しい風をもたらしてくれました。引継ぎの時期にはレッスンのお休みなどでご迷惑をお掛け致しましたが、皆さまの暖かいご支援のおかげですぐに宇和島にも慣れ、レッスン以外にもホームページの作成など活躍してくれています。 世の中は今、従来の講義型授業ではなく参加型授業を、知識量ではなくプレゼン力を、という流れになってきています。2020年から始まるセンター試験の廃止・移行。しばらくは混乱が続くでしょうが、より良い教育を目指すためには仕方ない試行錯誤の時期だと思います。中には不安に思っている生徒もいて、何をどう勉強したらいいのかわからないということも聞きますが、語学の勉強に関しては基本的に大きく変わることはないと思っています。これに関しては言いたいことは山ほどありますが、長くなるので一つだけ学生の皆さまへのアドバイスを。あくまでも学生の方へのメッセージです。 上っ面だけの日常会話ができるのが素晴らしいのではありません。日本人のアクセントで上等。少々の文法間違い上等。伝えたいという気持ちが強ければコミュニケーションは出来ます。大事なのは何を伝えたいかということです。そのために常にアンテナを張り巡らして皆さんの周りで何が起きているのか敏感になり、社会で問題になっていることはもちろん、地元の歴史や産業にも目を向けてほしいと思います。中身のない人間からは人を説得できる言葉は生まれてきません。そしてそれを日本語だけでなく世界に発信するツールとして英語を習得してください。無限の可能性を持つ宇和島の若者たちよ、You can do it! 2018年はUCSにとって節目の年です。2003年にケリーと二人で立ち上げたUCSが15周年を迎えます。いろいろなことがありましたが、皆さまに支えていただいて,ここまでやってくることが出来ました。創立当初から通ってきていただいている生徒の方もたくさんいらっしゃいます。心から感謝申し上げます。不手際や至らない点でご迷惑をお掛けした方もいらっしゃいます。力不足でお手伝い出来なかったことを反省し改善していく所存です。 進化するUCS。常に同じところに留まらず、ニーズに応じてというより先を考えて変化できる柔軟性を持ちながらベストを目指していきたいと思っています。15年というまだまだ短い歴史ですが、その中でもいくつかの変化、進化はありました。今後どのような進化をしていくのか未知ですが、常に誠実に、時には大胆な妄想も交えながらUCSの新たな歴史を作っていきたいと考えております。今後ともどうぞよろしくお願い申しあげます。 新しい年が皆さまにとって良き一年になりますことを心よりお祈りしております。  

ジョブチャレンジU-15 総括

11月13日(月)から17日(金)までの5日間、UCSに4人のインターンがやってきました。彼らの活動の様子や、彼らだけでなく私たちも学んだことなど書いてみました。   2017年5月3日の愛媛新聞を読んでいて目に飛び込んできたフレーズ、「地域の子どもは地域で育てる」に共感し、思い切って県教育委員会に電話をかけました。それがもともとの始まりだったジョブチャレンジU-15。UCSとしての初めてのインターンを受け入れたわけですが、大いに実りある1週間であったと同時に、次への課題も見えてきました。 今回の事業にあたってUCSが目指したことは以下の通りです。 1.地元で働く楽しさと意義を知る。 2.起業の楽しさを知る。 3.グローバル社会を感じる。 4.自分の仕事に責任を持つことと、人と協力することの楽しさと難しさを知る。 5.次に繋がることを考える。   それぞれの項目について振り返ってみたいと思います。   1.地元で働く楽しさと意義を知る。 初日のミーティングで話したことの一つに、UCSは地域の役に立つ学校を目指しているという理念があります。英会話スクールと地域というのは、すぐ結びつくものはないけれども少なくとも英語を使ってできることの一つに外国人に優しい街作りには協力できます。そこで、地元の飲食店のメニューを英訳するという仕事をメインにしてもらうことにしました。商店街の「遊楽」さんに、全員で名刺を持って営業に行き、仕上がった時にも4人全員で納品し、実際に喜んでいただける姿を見たので、地元に貢献したという気持ちは強く持ってくれたと思います。詳しい様子はフェイスブックをご覧ください。 また、保育園でのレッスンにも参加して子供たちに英語を教える経験もしました。子供たちも喜んでいましたし、インターンたちもとても楽しそうに頑張ってくれました。 毎日つけてもらった業務日誌の最後には「もっと宇和島の活性化のために何ができるか考えていきます。」という言葉もありました。   2.起業の楽しさを知る。 これに関しては反省すべき部分で、一週間という限られた時間、しかも通常の業務をこなしながらでしたのでなかなかうまく伝えきれなかったと思います。ただ今回ご協力いただいた遊楽さんや、今回はお手伝い出来なかったですが快くご協力を約束いただいた米粉パンのリズさんなど、一生懸命お仕事をされている姿を間接的に見ることで何か感じてくれていたら、と期待しています。 もし来年もこのような機会があるとすれば、宇和島で起業して頑張っている人たちとの繋がりをテーマに何かできたらいいなと思っています。   3.グローバル社会を感じる。 ここだけは最大限にUCSの強みを発揮できたと言えます。ま、それが生業なんですが・・・。 UCSの中では出来るかぎり英語でコミュニケーションを図ろうとしました。まだ中学2年生ですので難しいことは言えませんが、出来る限り努力すること、またキミ―先生が言っていることが理解できなければ適当な返事ではなく聞き直すことを徹底してもらいました。 また、カルチャーイベントでお世話になったSteveさんとMaureenさんにもご協力いただいて英語で対談する時間を作っていただきました。 今のグローバル社会では英語でコミュニケーションを取らなければならないこともそんなに珍しいことではなくなるでしょう。言いたいことがなかなかうまく言えないもどかしさや、何としてでも話さなければいけない状況も感じてもらったと思います。実際の仕事ではもちろんもっとシビアですが、黙っていては仕事にならないことを学んでくれていたら嬉しいです。   4.自分の仕事に責任を持つことと、人と協力することの楽しさと難しさを知る。 今回4人のインターンにはジョブチャレンジ課を作り、課長以下、営業・企画・編集の主任を前もって決めてもらいました。 おそらく最初彼らはそれぞれの役割にピンときてなかったと思いますが、日に日に自分の役割に気が付いたようで、4日目あたりから誰がどんな仕事をするべきかというのが分かってきたように思います。…